読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人のマイル旅

出張を活用した上級会員への道と快適な飛行機ライフを目指して

JAL/JGC 50回搭乗修行 26-30レグ搭乗報告とJMBクリスタル達成

JALサファイア/JGC修行

スポンサーリンク

 

f:id:seek68:20161120220352j:plain

JALの上級会員、サファイア獲得とJGC(JAL Global Club)への入会を目標に、年間50回、JAL便に搭乗する「回数修行」に挑戦中です。

今回は26~30レグをご報告します。

 

安定の羽田ー伊丹搭乗

f:id:seek68:20161120220912j:plain

これまで、私のJAL/JGC修行記事をお読み頂けた方はご存知だと思いますが、私の基本路線は羽田-伊丹。毎週、金曜夜に伊丹発羽田、日曜夜に羽田発伊丹へ搭乗するスケジュールです。

ちなみに機材はほとんどの場合がボーイング777-200。結構大きくて、個人的にいい機体だと思います。たまにボーイング767-300にも乗りますが、こちらは777-200より一回り小さい機体です。羽田ー伊丹路線は他にも767-300ERや、737-800が使われているようですね。タイミングが合えば狙ってみたいと思います。

 

名古屋(セントレア)-羽田路線の利用

f:id:seek68:20161118022637j:plain

26~30レグの5回は、伊丹ー羽田以外の路線も使ってみました。

まず一つ目が名古屋ー羽田路線。

セントレアは初めての利用。

まずびっくりしたのは、セントレアの空港コード(IATAコード)が「NGO」だったことです。昔は小牧空港がNGOだったので違和感があります。どうやら小牧の方がNGOから「NKM(Nagoya KoMaki)」に変更されているようで。(今更な話で恐縮です)

セントレア初心者には驚きでした。

 

ラウンジは2ヶ所利用してみました。

プレミアム ラウンジ セントレア

f:id:seek68:20161118022526j:plain

こちらはセントレアの出発ロビー奥にある、カードラウンジです。

f:id:seek68:20161118022555j:plain

こんなカードをお持ちの方が入ることができます。

ラウンジの中は、結構広く、カードラウンジにしてはなかなか。

f:id:seek68:20161120223516j:plain

 

作業スペースもあります。

f:id:seek68:20161118022537j:plain

 

意外にも、ビールを頂くことができました。カードラウンジにしては有り難いです。

紙コップでしたが。

f:id:seek68:20161118022533j:plain

 

ちなみに、KIRINと提携のようで、ラウンジにしては珍しくハートランドビールも頂くことができます。

f:id:seek68:20161118022534j:plain

ちなみにこのラウンジエリアには3つのカードラウンジが並んでいますが、入室条件から地域性を感じました。やはりというか、巨大自動車会社さんと東海地域を地盤に持っておられる赤い金融機関さんのカードでの入室が容易になっています。流石は名古屋です。

f:id:seek68:20161118022557j:plain

 

セントレア エアライン ラウンジ

f:id:seek68:20161118022612j:plain

保安検査所を抜けた先にあるのが「セントレア エアライン ラウンジ」

写真を見てお分かりかと思いますが、JALとANAの共通ラウンジです。この規模のラウンジでは珍しいと思います。

ラウンジの中もあまり広くないんですよね。

先ほどのカードラウンジの方が広いくらいです。

f:id:seek68:20161118022626j:plain

作業スペースもありますが、JALユーザーとANAユーザーが使うので、空席はあまりありません。写真は、出発が迫り、利用者の皆さんが出ていかれた後に撮影しました。

f:id:seek68:20161118022623j:plain

唯一嬉しかったのは、ビールがプレミアムモルツだったことです。

f:id:seek68:20161118022617j:plain

 

プレモル好きなんです。美味しく頂きました。

f:id:seek68:20161118022621j:plain

 

セントレアー羽田フライト

f:id:seek68:20161118022632j:plain

セントレア20:45発羽田行きは、なんとボーイング737-800の国際線シートでした。

 

f:id:seek68:20161118022634j:plain

このシートに液晶モニターがついています。

f:id:seek68:20161118022628j:plain

国内線での液晶モニターは初めてです。

f:id:seek68:20161118022630j:plain

国際線でよくあるフライトシミュレーターを起動してみましたが、出発地から目的地が近すぎてよく分からない画面になってしまいました笑

実際も、たった40分程度のフライトでした。

 

函館ー札幌丘珠フライト

f:id:seek68:20161120225411j:plain

もうひとつは函館から札幌 丘珠(おかだま)へのフライト。

北海道旅行の行程の中で利用しました。

旅程は羽田ー函館ー札幌ー羽田。この中の函館ー札幌をどうするか考え、飛行機を選択しました。この路線はJALグループの北海道エアシステムが運航しているため、修行にはうってつけです。(ANAも函館ー新千歳路線がありますが、札幌なら丘珠が便利ですので)

 

初めての函館空港でしたが、こぢんまりしていて、可愛い空港でした。

搭乗前に利用したのはカードラウンジの「A Spring」

函館には航空会社のラウンジは無く、カードラウンジだけでした。

f:id:seek68:20161120225545j:plain

黄色いシートの椅子が並びます。

f:id:seek68:20161118020217j:plain

 

お酒は缶ビールが有料で、ソフトドリンクのみでした。

f:id:seek68:20161120225730j:plain

 

乗り込むのはHAC(北海道エアシステム)が運航する、SAAB340Bです。

緑のカラーリングが可愛いですね。

HACはちょうど10/30から全線がコードシェアからJAL便へ変わり、JALのウェブサイトから予約するようになりました。以前はHAC独自のウェブサイトで予約できましたし、独自のポイントサービスもありましたが、それも廃止となったようです。JALとの統合が進んでいるようですね。

f:id:seek68:20161118020222j:plain

お腹に〒マークを発見。郵便も運んでいるようです。

f:id:seek68:20161118020311j:plain

 

機内はこんな感じです。11列、33人乗りでした。

f:id:seek68:20161120230027j:plain

機内にはJALの機内誌SKYWARDのほかに、HAC独自の機内誌や折り込み誌もありました。

f:id:seek68:20161120230714j:plain

f:id:seek68:20161120230721j:plain

面白かったのがSAAB340Bについての解説。

日本ではこの機体を2社しか持っていないようです。HACとJACでどちらもJALグループですが。

SAAB(サーブ)ってスウェーデンの航空機メーカーみたいですね。

昨年、スカンジナビア航空のストックホルムーヴィルニアス線で乗った飛行機によく似てるな~と思いましたが納得です。

f:id:seek68:20161120230859j:plain

燃費がいいとか、小回りが効くとか豆知識が載っていました。

 

約40分のフライトで到着した札幌丘珠空港は、一面の雪でした。

f:id:seek68:20161118020334j:plain

雪の中の沖止めも絵になりますね。

北海道の飛行機は雪が似合います。

この雪のため、翌日の羽田への復路が大混乱になるのですが、それはまた別の機会に。

 

そして、目標の50回のうち、30回搭乗を達成しました。

ようやくクリスタルです。

f:id:seek68:20161120232038p:plain

JALマイレージバンクの画面もクリスタルに変わりました。

f:id:seek68:20161120232354j:plain

2017年3月に終了となってしまうクラスJ-eクーポン(クラスJにアップグレードできるクーポン)がもらえましたので、これから必死で使わないといけません。

 

残り20回。

次回は、本気の「修行」に突入します!

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村