読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人のマイル旅

出張を活用した上級会員への道と快適な飛行機ライフを目指して

ANA国内線の当日アップグレードに成功!

スポンサーリンク

 

 

f:id:seek68:20160627034407j:plain

 ANAでは空港のチェックインカウンターでフライト当日の座席アップグレードが可能です。

今回は二回目の挑戦でアップグレードに成功したお話です。

 

当日アップグレードとは?

エコノミークラスで予約した座席を、搭乗当日に空席がある場合、対価を払ってプレミアムクラスへアップグレードすることができます。旅割や特割など利用運賃は何でも構いません。

料金は一区間ごとに 9,000円、もしくはアップグレードポイント(*)4ptです。

アップグレードに成功した場合、当日申し込んだチェックインカウンターで支払います。空席待ちの場合は空席待ちのカウンターで支払います。

金額はどの区間でも同じなので北海道や沖縄など長距離線で使うのがお得ですね。私は羽田ー福岡で使用しました。

*アップグレードポイント:前年の獲得プレミアムポイント数に応じて翌年付与される座席アップグレードやラウンジ入室で使用可能な専用ポイント。

 

そもそも当日アップグレードって可能なの?

人気路線やビジネス利用の多い区間、時間帯では当日朝にプレミアムクラスの空席があったとしても出発の数時間前には埋まっていることが多いです。とはいえ、ダメもとで当日申請すれば通ることはあります。

ケース1:チェックインカウンターで申請、その場で空席確認しアップグレード。

ケース2:チェックインカウンターで申請、その場で空席が無いためキャンセル待ちを申請。飛行機出発の15分前に搭乗口(もしくは指定の場所)で呼び出しがあればその場でアップグレード可能。なおキャンセル待ちはANAのステータスにより順位付けされるためダイヤモンド会員が最優先となります。

 

キャンセル待ちで呼ばれなかった場合は通常通り飛行機に乗り込みましょう。ダメで元々なのですから何も失っていません。

 

当日アップグレードで出来ること

アップグレードに成功するとプレミアムクラスになりますので以下のサービスを利用できます。

  • 専用保安検査場、ANAラウンジの使用(チェックインカウンターで成功した場合。搭乗直前だと使用できません)
  • プレミアムエコノミークラスによる座席の使用
  • プレミアムSABO、プレミアムGOZENの提供(機内食)
  • 預け荷物へのプライオリティタグの貼付

 

国内線の当日アップグレードに成功しました

金曜夕方の羽田ー福岡線、この便はビジネスで利用するビジネスパーソンが多く(帰宅でしょう)、搭乗率は高目。プレミアムクラスも満席であることが多いです。そのため、何度かキャンセル待ちを申請していましたが、これまで成功したことはありませんでした。

成功した日もチェックイン前にWebでプレミアムクラスの空席を確認しましたが、案の定空席は「×」、チェックインカウンター上のモニターでも「×」表示でした。

しかしプレミアムチェックインカウンターで受付スタッフの方から「座席を通路側へ変更しましょうか?」と申し出がありましたので、空席があるかもと思い、ダメで元々「もしかしてアップグレードできますか?」と尋ねてみました。すると「ええ、先ほどこの便でプレミアムクラスのキャンセルが出ましたのでアップグレード可能ですよ」との回答。心の中でガッツポーズです。相変わらずカウンター上のモニターはプレミアムクラス空き状況「×」表示ですが、システムの遅れなのか、実際には空きがあることがあるようです。

皆さんもダメ元で申請してみてください。

私は昨年のプレミアムポイント獲得によりアップグレードポイントを持っていましたのでアップグレードポイント4ptで支払いました。そのため、出張利用でしたが無料でプレミアムクラスに乗ることができました。

f:id:seek68:20160627040249j:plain

後でwebのマイページを確認したところ、ちゃんと4ptが引き落とされていました。

 

まずはANAラウンジでフライト前の一杯。アップグレード成功記念です。やや泡を入れすぎました。

f:id:seek68:20160627042752j:plain

 

福岡行きのフライトでは、プレミアムクラスシートを使用。

エコノミーより広く、フットレストもあります。隣りの人とは完全に区切られているためストレスも全くありません。

f:id:seek68:20160627040937j:plain

 

f:id:seek68:20160627035040j:plain

 

エコノミーとの大きな違いは何と言っても機内食。国内線での機内食はプレミアムクラスだけです。お酒も飲めます。この日はビールを選択。クラッカーも付きました。

f:id:seek68:20160627035114j:plain

 

この時間帯はPuremium GOZEN。ちゃんとした食事が提供されます。この日の羽田発の夕食は目黒らかん亭が監修。やや濃いめの味付けです。f:id:seek68:20160627035053j:plain

食事をとっていると福岡まではあっという間。完食後すぐに着陸態勢に入り無事に到着。

優先的に荷物を受け取り、空港を出ました。

 

最後に

プレミアムクラスでの旅は移動が楽しくなります。私も最初は「こんなものにお金をかけるなんて」と思っていましたが、一度体験するとなかなか後戻りできません。特に長めのフライトでは使いたくなってしまいます。

今回のように、可能性はゼロでは無いので皆さんも当日アップグレードにチャレンジしてみてくださいね。出張利用でも当日アップグレード料金の請求は会社へ行きませんので、知っていると便利ですよ。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村