読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人のマイル旅

出張を活用した上級会員への道と快適な飛行機ライフを目指して

バニュワンギ~ジョクジャカルタをライオンエアで移動してトラブル!ついでにコーヒーの実を食べてみた インドネシア旅行記2016 

スポンサーリンク

 

f:id:seek68:20160922014613j:plain

 

イジェン火山ツアーを終え、次の目的地Yogjakarta(ジョグジャカルタ)までの道のりです。マイラーらしく飛行機情報も。

コーヒーの実を食レポ

f:id:seek68:20160922041309j:plain

 イジェン火山からホテルへ戻る途中、「農園があるので寄ってみる?」とガイドのマリクに言われたので、コーヒー農園をリクエスト。

コーヒーの花。ジャスミンのような香りがします。

f:id:seek68:20160922014607j:plain

 

アラビカやロブスタを栽培していました。

f:id:seek68:20160922041307j:plain赤く熟した実を食べてみました。意外と甘い。でも、殆どがコーヒーの豆部分で果肉はわずかです。ルアックも食べるところ少なくてかわいそうです。

果肉を食べるとほぼコーヒー豆(本当はコーヒーの豆ではなく種ですよね)

f:id:seek68:20160922014555j:plain

 

ホテルに戻りシャワーを浴びて、朝食。

準備を整えると、今日の目的地ジョグジャカルタへ向かうため、Banyuwangi(バニュワンギ)空港へ向かいます。

 

バニュワンギ空港のローカル感

バニュワンギ空港(BWX)は非常に小さなローカル空港。ちょっとしたイベント会場くらいです。

f:id:seek68:20160922131802j:plain

これ本当に空港か、と見紛う小ささ。

 

f:id:seek68:20160922131803j:plainバニュワンギからは他の都市へは基本的にスラバヤを経由する必要があります。

就航しているのはレガシーキャリアのガルーダ インドネシアとLCCのLion Air。インドネシアのエアラインにおけるシェアはLion Airグループの方が上です。

f:id:seek68:20160922131806j:plain

 どちらも一日2便程度。

二つ見送ればそれでその日の仕事は終わりです。なんてのどかな空港。

ガルーダインドネシアで発券します。

f:id:seek68:20160922131807j:plain

 

悪名高いインドネシアのセキュリティシール。バニュワンギでも健在です。

(ジャカルタのシールよりは、剥がしやすかったです)

f:id:seek68:20160922131805j:plain

 

待合室の閑散っぷり。ラウンジなんてありません。

飛行機が到着すると乗客は写真右奥の扉から歩いて出ていきます。

f:id:seek68:20160922131827j:plain

スラバヤから飛行機が到着しました。

ラウン山がきれいに見えます。利尻空港を思い出します。

f:id:seek68:20160916011705j:plain

 バニュワンギ→スラバヤ(BWX-SUB)で乗ったのはATR72-600。

飛行機まで歩いて搭乗します。

f:id:seek68:20160916011707j:plain

飛行機からはジャワ島東部の火山、ラウン山、ムラピ山(ジャワ東部)、ムランティ山がきれいに見えました。

f:id:seek68:20160922014613j:plain

 

 

スラバヤ国際空港へ

スラバヤ(SUB)に到着です。

歩いてターミナルへ向かいます。

f:id:seek68:20160922014615j:plain

さすがはインドネシア第2の都市。空港もきれいです。

f:id:seek68:20160922131956j:plain

 

と思っていたら、国内線はターミナルが違うとのこと。巡回バスでターミナル1へ向かいます。f:id:seek68:20160922132000j:plain

途中で陸軍の戦車が立ち往生して道をふさがれてしまいました。

どんな状況だ。

f:id:seek68:20160922131958j:plain

 

何はともあれターミナル1に到着。大体20分。戦車がいなければ15分くらいだったでしょうか。f:id:seek68:20160922132003j:plain

f:id:seek68:20160922131946j:plain

スラバヤ空港のセキュリティ。ジャカルタも同じですがターミナルに入る際にX線検査を受けます。

f:id:seek68:20160922131947j:plain

無事にセキュリティチェックのシールを張り付けられました。強力な粘着シールです。ネズミ捕り用じゃないかと思うくらい。

f:id:seek68:20160922131949j:plain

 

Wing Airの重量制限にご注意

スラバヤからジョグジャカルタ(SUB-JOG)まではWing Airを使いました。

チケットカウンターで重量オーバーを注意されました。

f:id:seek68:20160922132330j:plain

Lion Airグループには Wings AirとBatik Airがありますが、一番安いのがWings Air。預け荷物の重量制限が一人10kgまでと明記されていました。

f:id:seek68:20160922132331j:plain

 

仕方がないので追加料金を払います。係のお兄さんの言われるがままに向かい側のカウンターへ行きます。

f:id:seek68:20160922132336j:plain

仕事が遅い上に客が我先にとどんどん横から手を伸ばすので、それをブロックしながら、自分の処理を優先させる必要があります。要注意。

f:id:seek68:20160922132337j:plain

500円ほど払ってレシートをもらい、チケットカウンターのお兄さんに渡します。

f:id:seek68:20160922132338j:plain

無事に発券。

f:id:seek68:20160922132656j:plain

残念ながら第1ターミナルにはプライオリティパスを使って入れるラウンジはありませんでした。

スラバヤ→ジョグジャカルタはまたしてもATR72-600。インドネシアの短距離路線で流行ってるんでしょうか。

f:id:seek68:20160922132341j:plain

 

f:id:seek68:20160922132355j:plain

LCCとは言え、前の座席に膝がつくほどではありませんでした。

f:id:seek68:20160922132358j:plain

 

1時間ほどでYogjakarta(ジョグジャカルタ)に到着です。f:id:seek68:20160922132328j:plain

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村