読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人のマイル旅

出張を活用した上級会員への道と快適な飛行機ライフを目指して

初心者が陸マイラーを1年続けて分かったマイルの貯め方。獲得した270,000マイルの内訳とその方法とは?

マイル活動

スポンサーリンク

 

f:id:seek68:20161209011100j:plain

2015年はANAを中心に40回以上飛行機に乗りました。そのおかげで、ANAマイルの残高は50,000マイルを超えました。

それまで世界中を旅してきて、どれだけ飛行機に乗ってもマイルが全く貯まりませんでしたので、頑張ったなぁと実感したものです。

一方、2016年12月現在、私のANAマイル残高は240,000マイルを超えました。

この1年間、何があったのか。初心者が陸マイラー活動を行った結果と、1年を通して分かったマイルの貯め方について考えます。

 

ANAマイルの残高と搭乗結果

 

f:id:seek68:20161209012639j:plain

現在の残高は243,000マイル。この1年間、マイルを貯めつつも消費していますので、獲得したマイル総数は約270,000マイルになりました。

2015年末に50,000マイルを貯めて喜んでいたのが嘘のような数字です。

 

スターアライアンスの搭乗回数を比較すると、2015年は22回、2016年は21回。

搭乗による獲得マイルは搭乗ボーナスも含め、2015年が48,000マイル、2016年45,000マイル。

飛行機の搭乗で獲得したマイル数は2015年と比べ、むしろ減っています。

つまり、2016年は飛行機以外でマイルを貯めたということです。

 

それが「陸マイラー」(陸マイル活動)。

陸マイラーとは飛行機に乗らずにマイルを貯める人たちのこと。この言葉を初めて耳にしたのは10年以上前と記憶していますので、古くから存在しているのだと思います。

その主な手法は、クレジットカード決済で得られるポイント。飲み会の幹事で多額の決済を代行し、ポイントを得る。そんなイメージしかありませんでした。

しかし、陸マイラーを勉強すると、マイルの貯め方にはいくつもの手法があり、正しい手順を踏むことで桁違いのマイルを貯められることが分かりました。それを実践した1年間の結果を分析してみたいと思います。

 

年間獲得ANAマイル数の比較

 

f:id:seek68:20161220014515j:plain

 これは2015年と2016年の獲得ANAマイルを手法別に比較したグラフです。

青が2015年、赤が2016年。

昨年、獲得したANAマイルの合計は65,000。陸マイル活動を意識しなかったため、ほとんどが飛行機搭乗によるものです。クレジットカード決済を少し足しにした程度。

一方、今年の獲得マイル合計は、桁違いの271,451マイル。

グラフを見れば一目了然ですが、2016年に突出している場所があります。

それが「ポイントサイト」の利用です。

 ポイントサイトだけで全体の46%にあたる126,000マイルを獲得しました。

その具体的な方法を確認してみましょう。

 

  

1.ポイントサイトでANAマイルを稼ぐ

f:id:seek68:20161216020327j:plain

ポイントサイトとは?

ポイントサイトでは、クレジットカードの加入数増加や、試してもらいたい新商品がある企業が、加入や商品購入の返礼として、ユーザーにポイントを付与しています。

このポイント、現金化してお小遣いにすることもできますし、様々なルートを通じてTポイントやマイルへ交換することができます。

現代日本ではポイントビジネスが大きくなり、様々なポイントが連携しているため、ポイント⇔マイルの交換が実現しています。

これらのポイントの源泉は企業の広告料。大々的な宣伝を行うより、実際のユーザーに宣伝費を還元しようというわけです。この結果、①企業は広告費を使って新商品やサービスをユーザーへ届けやすくなり、②ユーザーは商品やサービスを試すことで、商品価値を得られるだけでなく、ポイントをもらうことができ、③ポイントサイトは企業とユーザーを仲介して広告費の一部をもらい、ユーザーの行動データを収集、活用することができます。まさに三方よしの仕組みです。

 

ポイントサイトでポイントを貯めるには?

f:id:seek68:20161220024136j:plain

例えばハピタスというポイントサイトへ登録します。

 

そしてサイトの「ポイントを貯める」ボタンをクリックし、クレジットカードの申し込み画面で、登録するだけです。(但し、初めて加入の方のみ)

ちなみにこの楽天カードは年会費が無料

無料のクレジットカードを作るだけで6,500ポイントを獲得することができます。

(ついでに楽天のポイントも貰えます)

 

使いやすいポイントサイトや、獲得しやすい案件の実績はこちらにまとめています。

www.shakaijin-mile.com

 

 

貯めたポイントはどうやってマイルにするの?

f:id:seek68:20161128235952j:plain

上述しましたが、マイルも様々なポイントの仲間の一つ。そのため、ポイントサイトで獲得したポイントは、複数のポイントを経由してマイルへ交換することができます。

ここからがポイントをマイルに交換する鍵となる重要な手順です。

 

①ポイントサイトでポイントを稼ぐ。

②.money、PeXなどの「中継サイト」へ複数のポイントサイトからポイントを集める。

③中継サイトに集めたポイントを「ソラチカカード」というクレジットカードが持つ「メトロポイント」へ交換。

④メトロポイントをANAマイルへ交換。

この4ステップでポイントサイトのポイントを0.9倍でANAマイルへ交換することができ、簡単に大量のマイルを獲得することができます。

ソラチカカードを使うことから「ソラチカルート」と呼んだりします。

 

メトロポイントからANAマイルへの交換は月に20,000ポイント=18,000マイルが上限である点だけ注意しましょう。

私が獲得したポイントサイト経由の126,000マイルは18,000 x 7回分。

つまり今年は7ヶ月間、ポイントをマイルへ交換してきたというわけです。

では、残り5ヶ月分はどうしたのでしょう?

実のところ、ソラチカルートの4ステップを運用するには時間がかかります。

そのため、最初の5ヶ月間はマイルへ交換することができませんでした。

 

<ポイントサイトからANAマイルまでの必要期間(目安)>

①ポイントサイトで申し込みをしたものの、ポイントがもらえるまで約1ヶ月

②中継サイトへの集約は即時反映されることが多いです

③中継サイトからメトロポイントへ交換するまで最短1ヶ月

 (毎月15日までに申請→翌月12日頃反映)

④メトロポイントからANAマイルへ交換するまで最短1ヶ月

 (毎月15日までに申請→翌月5日頃反映)

 

このようにポイントを申し込んでからマイルへ交換するまで合計で約3~4ヶ月は必要となります。初心者は、この期間に挫折する可能性が高いです。色々と時間を作ってポイントサイトに登録したり、申し込みをしても、全くマイルに反映されないのです。

f:id:seek68:20161220035750j:plain

 

しかも、スケジュールを管理して上手くポイントをリレーして3ヶ月です。

私は最初のクレジットカードでもたついて、なかなかポイントがもらえない上に、スケジュールを勘違いしてしていたので、③でも失敗し、予想以上に時間がかかってしまいました。

そのロスが5ヶ月。初心者が挫折するには十分な時間でした。

正直もうやめようと思ったのですが、既に数万ポイントを獲得したので、一度マイルに交換するまでは頑張ってみようと決意し、継続したのでした。

初めてマイルへ交換できたのは6月でした。いきなり18,000マイルがもらえたので目を白黒させたことを覚えています。

昨年、アルゼンチンを往復しても11,000マイルしかもらえなかったのに、いきなり18,000マイルですから、世の中のおかしなことになっているなあ、とびっくりしました。

一度マイルへの交換に成功すると段々と感覚をつかみ、毎月コンスタントに交換していくことが出来るようになります。その結果、126,000マイルを獲得できたのですから、ポイントサイトとソラチカルート、すごいの一言です。諦めなくてよかった。

ソラチカルート7ヶ月分の126,000マイルの記録です。

ANAマイレージクラブでは、実際付与日の前月の日付が表示されます。

f:id:seek68:20161220093440j:plain

 

ソラチカルートの運用方法についてはこちらも合わせてお読みください。

陸マイラー初心者が1年間ソラチカルートを運用して分かったポイントとマイルの価値 - 社会人のマイル旅

 

ハピタスの詳しい使い方はこちらもご参照ください。

ハピタスの使い方と登録方法!陸マイラー初心者オススメのポイントサイト - 社会人のマイル旅

 

 

2.「カードキャンペーン」でマイルを稼ぐ

f:id:seek68:20161220020020j:plain

上の図は2016年の獲得ANAマイルの割合です。ポイントサイトの影に隠れてしまいましたが、実はクレジットカードのキャンペーンでも全体の約20%にあたる50,000マイルを獲得することができました。

例えばANAカードでもANA VISAカードやANAアメリカンエクスプレスカードで入会キャンペーンを定期的に開催されています。

f:id:seek68:20161220031640j:plain

f:id:seek68:20161220031652j:plain

入会から一定の期間、2~6ヶ月の間に申し込んだクレジットカードで数十万円を決済することで、マイルへ交換可能なボーナスポイントがもらえる仕組みです。

一時的に支払が多くなる場合や、出張による決済(宿泊費など)が増える時にキャンペーンを組み合わせると、効果的です。

仕組みは簡単ですので、特に難しく考える必要はありません。期間に合わせて自分のカードを利用するだけです。

キャンペーンは始まってから数ヶ月は続くので定期的に確認することをオススメします。

 

まとめ

ここまで確認してきて分かることは、マイルは空ではなく、陸で貯めるものだということです。

ポイントサイトとクレジットカードのキャンペーンだけで176,000マイル、クレジットカード決済を合わせると219,000マイル。初心者でもこれだけ貯めることができました。

一方で使いなれた飛行機搭乗による獲得マイルは44,900。決して少ない数字ではないと思いますが、陸で貯めたマイルの数に比べると、話にならない額です。

この一年間、陸マイラーとして地道に活動した成果270,000マイルは来年、海外旅行につぎ込んで夫婦で海外旅行を思い切り楽しもうと思います。

 

あとがき

陸でマイルを貯めるこの方法、もちろん自分で編み出したわけではありません。

陸マイラー界を一変させたサイト「ANAとマイルのパパじゃない」で紹介された手法を軸に、色々と試してみた結果です。

実のところ、一年半ほど前から「ANAとマイルのパパじゃない」で順次公開されていく、ANAマイルを貯める方法を読んでいました。しかし当時はANAプラチナを目指していたこともあり、陸でマイルを貯めることに全く興味がなく、空で貯めることに専念していたのです。

記事を読みながらも、「何かすごいことが書いてあるけど面倒くさそうだな、しかも本当の話なんだろうか?」と敬遠していたのです。

しかし、2015年末に「もしかして、今年頑張って獲得した65,000マイルって、陸マイラーになれば、たった3ヶ月ちょっとで獲得できるのか」と気づいて愕然とし、改めて記事を読み漁ったのでした。

そして2016年に入り、陸マイラーとしての一歩を踏み出しました。

 

テラヤマアニさん(id:kowagari)、本当にありがとうございました。

初心者でも0からここまで貯めることができたことを、ご報告しておきます。

kowagari.hateblo.jp

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村