読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人のマイル旅

出張を活用した上級会員への道と快適な飛行機ライフを目指して

ハピタスで15,000ポイントがもらえなかった話

スポンサーリンク

 

f:id:seek68:20161222074352j:plain

 

「ポイントサイトでお得にお小遣い稼ぎ!」よく見かける言葉です。

ポイントサイトに興味はあるけど危険じゃないの?

誰しもが思います。

私もそう感じ、始める前にはいつもこのようなサイトで内容を確認しながら利用しています。

ポイントサイトの危険性をチェック! | 悪質お小遣いサイトまとめ

そして1年間、陸マイラーがよく使うポイントサイトを中心に使ってみましたが、特段危ないと思ったことはありません。難しいこともせず、コンスタントにポイントを獲得できています。

 

ただし、稀に事故や自分の不注意でポイントがもらえないことがあることも事実。

私も一度だけポイントがもらえなかったことがありますので、今後の反省として、情報共有したいと思います。

 

ポイントサイトを利用する時に注意すること

ポイントサイトでポイントを獲得するには、広告に書いてある、ポイント対象条件を満たす必要があります。

これは、ポイント獲得のためにユーザーが行うべき最低条件です。

例えば、ハピタスでFX案件の獲得条件を確認してみましょう。

f:id:seek68:20161222030050j:plain

ポイント対象条件をクリックして確認します。

f:id:seek68:20161222030202j:plain

ズラっと条件が出て来ましたが、大切なのは、最初の一文。

 

「新規口座開設 + 申込日から60日以内に初回一括5万円、新規1lot以上取引完了
 ※一括で5万円の入金が必要です。
 ※60日以内に1lot通貨の新規取引で対象」

 

この条件を満たせばポイントを獲得することができます。

【ポイント獲得条件】

新規口座開設 + 申込日から60日以内に初回一括5万円、新規1lot以上取引完了

※一括で5万円の入金が必要です。

※60日以内に1lot通貨の新規取引で対象

※PCから申し込んでSPで取引いただいても対象となります。(逆も対象) ※法人口座も対象となります。 

【ポイント却下条件】虚偽・いたずら・重複・不正・同一データの複数回申込、入力データ不備

・一括で5万円以上の入金をしていない場合・不当な行為で発生したもの・既にDMMFX/CFDに口座をお持ちのお客様・申込履歴がある方・デモ口座をお申込されたお客様(本取引口座のみ対象です)

・ポイント目当てと判断された場合

・ポイント付与する段階で全額出金処理(再度入金も対象外)をされているもしくは口座解約をされたお客様(2014/10/2追記)・口座開設申込後、60日以内に1lot以上の取引がない場合(2014/10/6追記)

・同一人物・同一世帯に準ずる複数お申込をされたお客様・広告経由の申込履歴が取れなかった場合(JavaScript、Cookieが無効になっている場合等)
・広告主にて不適切と判断した申込などは不可
・同一IPアドレス、同一のパソコン・スマートフォン等から複数回お申込 
※こちらの広告のポイントに関するお問い合わせを弊社に頂く際には、
8桁の「お客様番号」が必要となります。
「お客様番号」を明記の上、お問い合わせ下さい。
※以前のお客様番号は「00」、「10」、「20」 から始まる7桁の数値の組み合わせ
 
※万一ハピタスポイントに関するお問い合わせを広告主に直接問い合わせをされた場合、
退会処置とさせていただく場合もございますので、ご注意ください。

 

 

但し、ポイント目当てと判断されたり、赤字部分にあるように、広告主へ直接

問い合わせをするとペナルティを受けることになります。

私の場合、もちろんこのような条件は全て守りました。

しかしそれでも、上手くいかなかったことがあります。  

 

ハピタスで広告を利用する場合

通常、広告を利用すると、獲得予定の案件が表示されます。画面トップから、「通帳」をクリックします。 

f:id:seek68:20161222031004j:plain

 

すると、利用した広告の実績が、獲得履歴もしくは獲得予定として一覧表示されます。

 

f:id:seek68:20161222031018j:plain

 

左端が「記載日」で広告をクリックした日(申し込み日)です。

「状態」が現在の案件の状態を表しています。通常はまず「判定中」となり、企業側の確認が完了すれば「有効」に変わります。

「有効」になって初めてポイントがもらえるのです。

これまでご紹介したような条件さえ満たしていれば、時間と共に状態が有効となるはずです。

 しかし、私の場合、そもそも利用した広告自体が通帳に記載されないことがありました。

 こんな時はカスタマーサービスを利用します。  

 

カスタマーサービスから問い合わせる

f:id:seek68:20161222031709j:plain

まずはカスタマーサービスに問い合わせます。

「お問い合わせ」をクリック。

f:id:seek68:20161222032547j:plain

f:id:seek68:20161222032611j:plain

 

ポイント獲得に関してにチェックを入れて「お問い合わせはこちら」をクリック。

 

ポイントに関して「利用した広告が通帳に記載されない」という現在の状況を伝えておきます。

f:id:seek68:20161222032729j:plain

そして「利用日」やその他の情報について記入して問い合わせを完了します。

すると、登録したメールに連絡が来ます。

 

xxxx様
お問い合わせいただきありがとうございます。
こちらは、ハピタスカスタマーサービスでございます。

この度は、不審な思いをおかけし、誠に申し訳ございません。

お問い合わせの『XXXXXXX(案件名)』が通帳に反映されていない件につきましては
判定を行っている広告主側へ調査依頼をさせていただきたく存じます。

調査依頼を行うにあたり、大変恐れ入りますが
以下の項目をご記入のうえ、ご返信くださいますようお願い申し上げます。

--------------------------

■「お客様番号」

--------------------------

 

問い合わせに関しては割と早めに対応して貰えるので、安心です。

 

xxxx様
こちらは、ハピタスカスタマーサービスでございます。
ご返信いただき、誠にありがとうございます。

お問い合わせいただいております『XXXXXXX(案件名)』の件については、いただいた情報をもとに、広告主側へ調査を依頼させていただきます。

広告主側より調査結果が届き次第、対応させていただきますので
今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

なお、調査については、広告主様がお客様からの問い合わせ順に
対応しており、広告主様によってお時間がかかる場合もございます。

広告主側での調査には、3ヶ月程度お時間をいただくこともございますので誠に恐れ入りますが、あらかじめご了承いただければと存じます。

 

 3ヶ月!と思いますが、ちゃんと調査して頂けるので待ちましょう。

そして1ヶ月後、このような連絡がきました。

 

こちらは、ハピタスカスタマーサービスでございます。

お客様からお問い合わせをいただいておりました、
『XXXXXXX(案件名)』の件について
広告主側より回答がございました。

ご連絡までにお時間をいただき、誠に申し訳ございません。

広告主側の回答によりますと、今回のご利用は
アフィリエイト経由のお申し込みであるという履歴が確認できないため
承認することができないとのことでございます。

原因としましては、以下のような可能性が考えられます。

 

[1]広告側のサイトに移動後、リンク先のページが完全に表示される前に
  次のページへ移動した場合や操作が完了する前にブラウザを変更・
  終了した場合
→ハピタス経由で参加されたことがわかるデータが取得できなかったため、反映されません。

[2]ご利用のブラウザのCookieの設定が「無効」になっていた場合
→ハピタスでは、Cookie情報を利用して、広告のご利用を
 紐付けしておりますので、必ず「有効」としたうえでご利用ください。

[3]ハピタスや広告主側のサイトで推奨している動作環境で利用していない場合
 http://help.hapitas.jp/?p=237
→弊社で推奨していないOSやブラウザの場合、正常な動作は保証いたしかねます。

今回のご利用においては、上記いずれかに該当してしまった可能性がございます。

お力添えとなることができず心苦しい次第ではございますが、
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

 

広告側のサイトでアクセスが確認できなかったとのこと。Cookieは有効でした。

どうやら案件の条件を確認する中で、何度もページを開いていた結果、クリックする場所を覚えてしまい、ハピタスから飛んだ広告サイトが完全に開く前に申し込みを進めてしまっていたようです。

焦ってはダメですね。

 

 残念ながら、今回はポイント獲得に至りませんでしたが、特に事前に会費等をを払ってるわけではないため、損はしていません。追求することは諦めました。

このような調査の結果、ポイントがもらえたこともありますので、まずは、カスタマーサービスに問い合わせることが肝心です。

自分のミスなのか、システムエラーなのか確認することが大事です。

 

まとめ

  • ポイントサイト経由で広告を使っていることを、企業側のページに確実に認識させなければ、有効となりません。
  • 防衛のため、申し込んだ際の画面のキャプチャ―や申し込み番号を控えることも大切です。
  • ブラウザのCookieを有効にしましょう
  • ブラウザの戻るボタンは、あまり使わないようにし、それぞれのページが読みこまれるのを待ってから次のページへ移りましょう。
  •  何かおかしいな、と思った時はカスタマーサービスへ連絡しましょう

 

以上のような点に注意して、素敵なポイント生活をお楽しみください。