読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人のマイル旅

出張を活用した上級会員への道と快適な飛行機ライフを目指して

バリ島近郊でマンタと泳げる!ペニダ島日帰りツアーに参加 インドネシア旅行記2016

スポンサーリンク

 

 

f:id:seek68:20160916011606j:plain

バリ島でシュノーケリングできる綺麗な場所は減ってきています。今回はバリ島のお隣、レンボンガン島・ペニダ島でマンタスウィムを楽しみました。

 

マンタと泳げる?

f:id:seek68:20160921003923p:plain

事前にツアーの申し込みを済ませましたが、マンタと会えるかは五分五分。

一応、前日は出現したとのことですがこればかりは自然相手のこと。

7時にサヌールのホテルへ迎えが来ました。

出発する海岸はサヌールのすぐ近く。

期待せずに船に乗りました。乗ったのは小型船で、ツアー参加者は私たち夫婦とアメリカ人のSteveの三人だけ。Steveはハネムーン中でしたが、旅疲れの奥さんを置いて一人での参加です。しかもウブドから一時間かけて来ていました。
私たちはシュノーケリング、Steveはダイビングでアプローチします。
船を30分ほど走らせ、レンボンガン島を周り、ペニダ島へ。

ポイントの近くにはアーチ状の島もありました。
f:id:seek68:20160921003935p:plainマンタポイント(Manta ray point)と呼ばれる場所へは一時間ほどで到着。既に数隻の船が集まっています。船は海外の100mほど手前で止まりました。私たちはここからポイントまで泳いでいきます。

ガイドに促され、岸の方へ10分ほど一緒に泳ぎます。
すると突然下を見ろ、と言うので顔をつけると、何か黒い影が視界を遮ります。

そこにはなんと5mはあろう巨大なマンタがゆっくりと泳いでいました。それも1匹だけではありません。5~6匹の群れです。

f:id:seek68:20160916011608j:plainf:id:seek68:20160921003932p:plain

 

f:id:seek68:20160921003926p:plain

 

透明度は低かったのですが、巨体がゆっくりと海中を行き交います。

悠然と泳ぐマンタですが、波に翻弄され、流されていました。

私は素潜りでマンタへアプローチし、写真を撮りました。
(*ガイドからはあまり追い掛け回さないように注意されました)

一緒に泳いでいるとマンタ同士触れ合ってコミュニケーションをとっているのが分かります。お互い何か言っているようです。

時々波間にプカプカ浮かぶ私にも、上昇してぐっと近寄ってきます。大きな口に食べられてしまいそうになりますが、温厚なマンタはぎりぎりのところで私の体を避けてくれます。
f:id:seek68:20160921003929p:plain時には全身真っ黒なブラックマンタも見かけました。

たった1時間ほどでしたが、マンタと泳ぐことができて大満足の半日でした。
ちなみに午後は近くで14:00ごろまでシュノーケリング。ランチのサンドイッチもついて一人US70ドル。

私たちの利用したツアーはこちら。船長の奥さんは福岡出身の日本人で日本語は何となく分かります。期待しない方がいいレベルですが。

balisnorkelingtrip.weebly.com

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村